元花の女子大生日記

元北京在住の元女子大生(年齢不詳)の日記。そこのあなた、覗くと損するかも...

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

横浜 大学めぐりの旅 慶応義塾大学

2006/06/25 15:41
 
中検終わりました...°°┏(;;; ̄Q ̄)┛°°

出来たかどうかは不明。極端に難しい!と思う問題もなかったけど(除く発音問題、これは出来なかった自信あり!)、反対にこれはバッチリ!というのもなかった...試験問題はお持ち帰りOK!だったので、後ほど恐いもの見たさで自己採点をしてみたいと思います。



中検会場は慶応大学の日吉校舎でした。いや~実に懐かしい...なんて言うとえっ、tanuってK大卒!!?(゜ロ゜)なんてびっくりする方もいるかもしれませんが、そうです、全然違います。ただ予備校時代にこれでもかと言うぐらい慶応日吉に公開模試なんかでさんざん通っただけです。

keio1.jpg

慶応と言えばやっぱり福沢諭吉さん。北京の大学の毛沢東さんとちがって半身しかありませんでした。慶応大学の歴史はこの福沢諭吉さんが1858年に蘭学塾を開いたことに始まります。

keio2.jpg

白亜の学び舎。高等学校の校舎。天文台やプラネタリウムまであるなんてさすが!

keio5.jpg

「ペンは剣よりも強し」で有名な慶応の校章であるペンの記章付き塾生会館。tanuのペンは「藁よりも弱し」だな...

keio4.jpg

中検の会場。他の教室で準4級、準1級の試験もやっていました。多くの慶応高等学校のイケメン君たち、準4級受けていたけど、学校で中国語の授業があるのかしら?
スポンサーサイト
 

北京 大学めぐりの旅(番外編) 首都経済貿易大学

2006/03/23 17:08
 
北京にある大学をいくつか紹介してきましたが、すっかり忘れてました、tanuの行っていた大学を紹介するのを。

shoudu2.jpg

tanuの行っていた大学は首都経済貿易大学という、北京市重点校のひとつです。今まで紹介してきた学校ほど大きくはない学校で、経済学、管理学、法学、文学、理学、工学の合計6学部。1958年に創立され、現在北京市内東西2カ所に校舎があります。

shoudu1.jpg

漢語生は半年ワンタームで合計4ターム2年間を限度としていますが、もっと長く続けている素敵なお姉様もいらっしゃいました。偉い!

shoudu3.jpg

tanuが1年間学んだ校舎。宿舎のほんの一角が教室になっているという、校舎なのか宿舎なのかよくわからない校舎でした。トイレが臭かった~...

shoudu4.jpg

図書館。実は1年間で一度しか足を踏み入れていません...(^-^;

大学自体規模は小さいし、漢語生もそんなに多い方ではないようですが、アットホームないい大学でした。老師、同学のみなさま、お世話になりました!

帰国まであと日!
 

北京 大学めぐりの旅(6) 清華大学

2006/03/16 17:36
 
さてさて、いよいよ今回で大学めぐりの旅は最後。紹介するのはもちろんあの大学。中国政府から強力なサポートを得て教育を行っている中国ナンバーワンの、そして世界レベルでも有数な清華大学。今回は特別に写真(だけ)ボリュームアップでお送りします。

qinghua.jpg

清華大学はもともと1911年にアメリカの大学に対して政府により留学のため派遣される人々に対してそのための準備をする機関として設立。その後、1925年に大学部門が設立され、大学生の受入を行い始め、1929年には研究機関が設立されました。現在では北京大学と双璧をなす中国一の理工系大学です。これぞまさに中国のMIT!

政財界にも大きなコネクションのある大学。ここの大学は中国人の憧れ。将来この大国のトップに立つ事も夢じゃありません。そんな訳でここに入学できれば既に人生あがり!将来約束されたも同然で、一家一門の誇り!大卒でも就職難と言われる中国。この清華大学に限ってはどこ吹く風だそうです。

qinghua1.jpg

エリート君達の(教室)大移動。すっごい早さで疾走して行きました。みんな休み時間も無駄にしないのかしら?

qinghua2.jpg

有名な西門。ここをくぐり抜けてからしばらく川沿いに歩いて行くと校舎が見えて来ます。何とtanuは校内に入ってから2回も道を聞かれ、「えっ、もしかしてここの学生に見えた?」なんて大喜び。でも学生に間違えられたんじゃなくて、用務員のオバちゃん、いいとこ事務のオバちゃんに見えたんだろうな~...

qinghua5.jpg

大学のモットー、「自強不息 厚徳載物」(自らつとめ励んでやまない 厚徳は物を載す← translated by 翻訳器)。簡単に言うけどなかなかね~...

qinghua7.jpg

校舎内は残念ながら学生証などの許可証を見せないとなかなか入ることが出来ません。国家機密もいっぱいかるからなのかもしれませんが。tanuも入ろうとしたらしっかり呼び止められ門前払いにされました。

qinghua4.jpg

主楼から学校を一望。これで真ん中に細い塔でも立っていたら雰囲気ちょっとワシントンチックだわと思ってしまいました。

qinghua3.jpg

校内にある門、二校門をバックにそぞろ歩くエリート君たち。彼らの頭の中はどうなっているんでしょう?彼らの生い立ちも気になるところです。一体何食べたらこんなに頭よくなるのかな~?

みんな彼らのことをどう思っているのか。
売店のオバちゃんに「この学校どぉ?」って聞いてみたら「家から近くて便利」って、そうじゃなくて、「ここの学生さんはどぉ?ってことなんだけど」と再度聞いたら、だた「」の一言。「えっ、感想それだけ?」とちょっとびっくり。「みんな勉強ばかりしているのか」とも聞いてみたら「みんな聡明からそうだろう。みんなアメリカに行きたいみたい。」と言っていました。売店のオバちゃん達とコミュニケーションはかるような人懐っこい学生さんは少ないのかしら?

また以前清華大学に留学していたという方。昔は宿舎が汚かったけど今はキレイ!とか!?
中国学生さん達との交流はなかったのかな~?

核心に迫る話は全然聞けませんでしたが、tanuの感想は清華大学の学生さんは理系と言うこともあって圧倒的に男性が多い!なおかつ?shuai(カッコイイ)な子が多い!ひいき目で見ているかもしれないけどなんだか品が良くて好看(カッコイイ)な男の子が多かったです。まさか顔で取っているわけではないだろうけど...いつの日か学生さんや卒業生と仲良くなって直接話を聞いてみたいです。

北京の多くの大学は漢語留学生を受け入れています。この清華大学もしかり。この留学生はおつむの良し悪しに関係なく、お金さえ払えば入れてくれます。次に留学するなら絶対ここだ~!私がダメでも娘が留学したいって言ったらここしかない!ついでにボーイフレンドも見つけてこい!(こっちがメイン?)と思ってしまいました。

qinghua6.jpg



駆け足で6校ほど紹介しましたが、どれもお粗末な大学紹介ですみませんでした~!また機会があったらじっくりゆっくり大学回ってみたいと思います(←そんな機会あるのかな~?)。最後までお付きあいありがとうございました!
                          完了
 

北京 大学めぐりの旅(5) 北京師範大学

2006/03/14 14:37
 
今日は昨日までの天気とうって変わってぽかぽか陽気。こんな日はぬくぬく縁側でお茶したいものです。

大学紹介も5校目。この大学紹介はtanuの独断と偏見に満ちた観点&見てみたかった大学のみ、書かせていただいているので、なにとぞご了解のほどを。内容、鵜呑みにしちゃいけませんよ~( ̄▽ ̄;)。

と言う訳で5校目は北京師範大学

shifan1.jpg

北京師範大学は、1902年北京師範学堂として創立し、国家教育部に直属する、高等学校・大学の教師及び教育における研究者を養成する総合師範大学だそうです。1922年に現在の北京師範大学となりました。中国でも歴史のある大学のひとつで北京大学、清華大学、中国人民大学とともに北京四大大学と称される大学。まさに北京のF4!(花の4人組?)

shifan4.jpg

とっても立派な校舎が建ち並び、キャンパスもとてもキレイ。師範学校なので女の子が多いんだろうな~と思っていたのですが、見た限りは男の子も結構多かったです。

shifan2.jpg

「木鐸金声一百年」(鈴の金の音一百年???)と刻まれた大きな鈴(鐘)のモニュメント。意味はよく分かりませ~ん!

shifan3.jpg

校内、緑が多くてとっても気持ちいいです。余談ですが北京の木も下の方に白いペンキが。害虫よけだとか、木が凍らないようにだとか、車がぶつからないようにとか、いろ~んな噂を聞きましたが実際なんでなんでしょう?

さて、いよいよ次回は最終回。最後を飾るのはもちろんあの大学です。乞うご期待(しないほうがいいかも...)。
 

北京 大学めぐりの旅(4) 中国人民大学

2006/03/13 20:01
 
もう3月も中旬だと言うのに寒い!今日も強い北風が吹き荒れ、さぶ~い一日でした。tanuが帰る前には暖かくなるのかな~?ちなみに3月31日に本帰国をすることにしました。お荷物搬出は30日。それまで北京の春を謳歌するぞ~!

今日は中国人民大学を紹介します。

renmin3.jpg

1937年に創立された国家教育委員会直属の総合大学で、経済関係と近世史関係では中国一のレベルを誇り、財政、経済部門の人材をはじめ、多様多種な分野においての人材育成に取り組んでいるそうです。また中国政府の幹部や官僚などを多く輩出しているとか。

renmin4.jpg

門をくぐると「實事求是」(実際の状況に基づき正しく行う)と刻まれた立派な石と国旗があります。う~ん、なかなか難しい事を要求するな...

renmin1.jpg

インフォメーションボードを見入っている学生さん達。サークルの案内や、経済、英語などの補習クラスの案内、はたまた旅行案内、アパート情報などいろいろ貼ってありました。

renmin2.jpg

?(ban)公楼(オフィス棟)や会議室などがある立派な建物。ごくオーソドックスな校舎が建ち並ぶ中、ちょっとここだけ雰囲気が違いました。

この中国人民大学に限らず、北京の大学の数多くは中国のシリコンバレーと言われる海淀区中関村地区にあります。 この中関村は名は体を表わさず(?)、のどかな村ではなく、IT業界のエリートたちが集まっている中国一高学歴な地域なんだそうです。
 

  HOME  

プロフィール

tanu

Author:tanu
北京で女子大生をしていたtanuはついに日本へ戻って来てしまいました。それでもしつこくこの日記は続きます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。