FC2ブログ

元花の女子大生日記

元北京在住の元女子大生(年齢不詳)の日記。そこのあなた、覗くと損するかも...

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

戦後の意識

2006/07/04 22:41
 
昨日読んだ記事

毎日世論調査 日本国民と国会議員、戦争など歴史認識に差

毎日新聞は「戦後60年の原点」シリーズの総括で、6月中旬の全国世論調査(電話)に、先の全国会議員アンケートと同じ歴史認識などに関する質問を盛り込み、国民と国会議員の意識を比較した。第二次大戦をめぐる日本政府の謝罪・反省については、「不十分」との回答が42%で「十分」の36%を上回り、議員アンケートの「十分」51%、「不十分」33%との違いがはっきり出た。戦後日本の「軽武装・経済重視」路線に対しても否定的な数字が高く、国民が国会議員に比べて「戦後の歩み」を厳しく見ていることが浮かんだ。

 世論調査では、政府の謝罪・反省、軽武装・経済重視路線のほか、対米開戦、対中戦争、東京裁判への評価など計7項目について議員アンケートと同じ質問をした。
 政府の謝罪・反省は(1)十分だった(2)不十分だった(3)謝罪・反省の必要はない--の三者択一で聞いた。「謝罪・反省の必要はない」は11%、無回答は11%だった。議員アンケートの「必要なし」は2%だった。(後略)

ishiki1.jpg


もともとtanuはノンポリだし、中身のない薄っぺらいブログにこんな内容はあり得ないっつーの!ってな感じですが、なんとも納得のいく調査結果だと思ってしまいました。戦後の謝罪や反省に関してはみなさんそれぞれ考えがあると思いますが、政府が「十分謝罪した」という割には相手側には伝わっていないんじゃないかな~と感じたtanuでした。確かに経済援助など、数字的には十分だったのかもしれませんが、気持ちがこめられているかいないかでは相手の心に響いてくるものが違ってくるように思います。

民間レベルより政府レベルの方が仲良くなれないというのはこの辺にも原因があるのかな~?と思うtanuなのでした。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanutsubu.blog40.fc2.com/tb.php/157-45fd3fe7

  HOME  

プロフィール

tanu

Author:tanu
北京で女子大生をしていたtanuはついに日本へ戻って来てしまいました。それでもしつこくこの日記は続きます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。